Category: 施術関連 (page 1 of 2)

「疲れにくい脳」にするために

鍼灸の刺激が脳疲労を回復し、その結果として身体症状の軽減に貢献する仕組みは前回の通りですが、中には鍼灸だけでは回復しきれないケースもあります。

 

「施術した後はいいんだけど、しばらくするとまた戻ってしまう」といったケースです。

 

こういう場合は、いろいろな要因が考えられますが、一つには「ストレス源が強すぎる、あるいは慢性化している」ことが挙げられます。

鍼灸の刺激で一時的に良くなっても(一時的にでもリセットすることはとても大事なことなんですが)、日常生活の中でまたストレスを受けて疲れてしまうのです。

 

このように、鍼灸が脳疲労に対して対症療法的には有効だけれども、「疲労を取るだけでなく、そもそも疲れにくい脳にしたい」「根本から変えていきたい」という場合は、ストレスに対していつも同じように反応しているパターンを変えていく必要があります。

 

その方法として私がオススメするのが「瞑想」です。

 

瞑想というと、怪しげな精神世界?宗教?とイメージされる方も多いかもしれません。しかし、決してそんなことはありません。

 

私は4年間「マインドフルネス瞑想」を実践していますが、その経験から個人的な感想を言いますと、まず瞑想というのは

「今ここに存在しているものをありありと感じること」

であるということ、そして

「頭で理解するのでなく体感する、極めて身体的な実践」

であり、また

「特定の宗教のものではなく、むしろ心身の健康法としてあらゆる人に開かれたもの」

だととらえています。

 

生活の中で「今ここに存在している」ことを体感する習慣が身につくと、ネガティブな思考パターンにはまっていることに早く気づいてリセットし、脳のエネルギーの消耗を抑えることができるようになります。さらにはネガティブな思考自体が少なくなり、まさに「疲れにくい脳」「ストレスに強い脳」に変わっていくわけです。

 

マインドフルネスの効果はこれにとどまらず、慢性疼痛や自律神経系などの身体症状に対する効果も報告されているので、またの機会にお話しできればと思います。

 

鍼灸とマインドフルネスは「身体感覚」「身体脳」という点で親和性が高く、両者を併用することで、脳疲労に対して相乗的な改善が望めるのではないかと考えています。

 

湘南さがみはりきゅうマッサージ

http://www.ss-harikyu.jp

脳疲労と鍼灸

(前回からの続き)

 

では、どうしたら脳の疲労を回復させることができるでしょうか。

方法はいろいろあるかと思いますが、今回は鍼灸師として、鍼やお灸の刺激が脳疲労の回復にどのように貢献できるか、少しお話ししたいと思います。

 

身体に鍼やお灸をすると、その刺激が感覚神経を伝わって脳に届きます。すると、脳はその刺激に対して、脳内で様々な反応を起こします。

 

その一つは自律神経です。鍼灸によるある種の刺激は、視床下部を中枢とする自律神経のうち副交感神経の活動を高め、心身をリラックスモードに導きます。

その他には、神経伝達物質の生成です。鍼によるある種の刺激によって作られる神経伝達物質はいくつかありますが、例えばβエンドルフィンという物質は、鎮痛作用のほか、脳内の緊張を和らげ、「気持ち良い」感覚を与える作用があります。

 

またセロトニンという物質には、脳の働きを調整する役割があり、精神的な落ち着きや安心感が得られると言われています。

 

さらに、鍼刺激によって視床下部でオキシトシン細胞が増えるという研究報告もあります。オキシトシンは近年注目されている物質で「幸せホルモン」とも呼ばれ、ストレスを和らげ、安心感、幸福感、信頼感を高めるはたらきがあると言われています。

 

このように、施術によって脳内にポジティブな物質を増やすことで、反芻思考のようなネガティブな思考のループをリセットさせることができます。施術後によく患者さんが「頭の中がスッキリした!」とおっしゃることがありますが、これは施術によって脳内に上記のような物質が増えたことで、脳の疲労感が取れたのです。

 

考えごとが止まらない時、頭の中が過去や未来を行ったり来たりの時、それをまた頭の中で、意識レベルでどうにか現在に戻そうとしても、なかなか上手くいかないでしょう。

そんな時は、身体にアプローチする。意識下ではなく無意識下のレベルで、身体の反応にお任せしたほうが上手くいくこともあるのです。

鍼灸はまさに、

身体(刺激)→脳(疲労の回復)→身体(症状の改善)

というアプローチを可能にする施術であると言えるでしょう。

(まだつづく?)

 

湘南さがみはりきゅうマッサージ

http://www.ss-harikyu.jp

「脳」が疲れていませんか?

休んでいるつもりなのに疲れが取れない、なんだかだるくてしょうがない、こんなことはありませんか?
心当たりのある方、もしかしたらそれは「脳の疲れ」から来ているかもしれません。
脳はあらゆる感覚の終着駅。厄介なのは単純な肉体の疲労よりもむしろ、「疲労感」なのかもしれません。

脳を疲れさせる要因の一つに「考えごとの堂々巡り」があります。
何かをしている時、気づくと全然違うことを考えていること、つまり「心ここにあらず」の状態になっていることはありませんか?
心配、不安、後悔、怒りなど、未来や過去のことについてのネガティブな考えが堂々巡りすることを「反すう思考」と言い、脳をどんどん疲弊させていきます。

脳の疲弊は心だけでなく、身体にもダメージを与えます。
例えば、頭痛、耳鳴り、めまい、首肩こり、腰痛、身体全体の痛みやだるさ、喉のつかえ、呼吸のしづらさ、動悸、胃もたれ、下痢、便秘、冷え、のぼせなどの症状も、医療機関の検査で特に原因が見当たらなければ、脳疲労が関与しているかもしれません。

その場合、これらの身体症状を改善させるには、「脳の疲れを取ること」、つまり「脳へのアプローチ」が必要になってきます。

(つづく)

 

湘南さがみはりきゅうマッサージ

http://www.ss-harikyu.jp

 

新型コロナウィルス感染防止のための取り組み

http://www.ss-harikyu.jp/ss_blog/?p=600

逆子のお灸

ホームページの治療メニューとしては掲げていませんが、当院では逆子治療も行っています。

 

逆子治療  約40分    5,000円(初診の方は別途初診料がかかります)

 

「三陰交」「至陰」という足のツボにお灸をして、逆子の改善を図ります。(鍼は原則使いません)
当院では、お灸の温かさがお腹の中の赤ちゃんに心地よく届くような、「胎児に優しい治療」を心がけています。

週数にもよりますが、基本的には週に一度のペースで受けていただきながら、ご自宅でも毎日セルフお灸をお願いしています。(ご自宅用のお灸は無料でお分けしています)

外来治療、訪問治療どちらも可能です。

逆子でお困りの方はどうぞご相談ください。

 

湘南さがみはりきゅうマッサージ

http://www.ss-harikyu.jp/

「新型コロナウィルス感染防止のための取り組み」

感染防止対策取組書

 

「自宅でお灸」のススメ

疲労やストレスが溜まりに溜まってどうしようもない!という方のために、自宅でできるセルフケアとして、お灸のやり方をご紹介したいと思います。

 

一人でもできるような手足のツボをご紹介します。

今回は「労宮」というツボ。精神的なストレスがあったり、心が落ち着かなかったりする時に効果的と言われています。

 

<用意するもの>

・お灸(写真は熱量が弱めの「せんねん灸の奇跡ソフト」と「はじめてのお灸moxa」。Amazonや楽天などネットで購入できます)

・サインペン

・ライター

・水入りの小皿

 

1. ツボを探す

労宮のツボは手のひら、 指を折り曲げた時に中指の先端が当たる場所です。

サインペンで印をつけます。

2. お灸に火を点ける

指の近くで火を点けると危ないので、火を点けてからお灸を火に近づけるようにするとより安全です。

3. お灸をツボに置く

台座部分をつまんでツボに置きます。この時、燃焼部分が近いので注意してください。

ホカホカとした温かさがツボに染みます。

棒の部分が燃焼した後もしばらく温感が続きます。

4. お灸を取る

もし途中でチリチリとした感覚を強く感じたら、その時点で台座をつまんでひねるようにはがし、水入りの小皿に入れます。台座が熱い時がありますので注意してください。

特にチリチリが強くなければ、温感を感じなくなるまでつけていて大丈夫です。その後、水入りの小皿に入れます。

 

古来、日々の養生法として、また病気の治療法として親しまれてきたお灸。火の取り扱いにじゅうぶん注意していただきながら、ぜひ試してみてください。

お灸のこと、また個々の症状に適したツボのことなど、随時ご相談に応じていますので、メールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

 

湘南さがみはりきゅうマッサージ

http://www.ss-harikyu.jp

(伊勢原・厚木・海老名・座間・相模原・秦野・平塚・茅ヶ崎)

どれくらいのペースで通えばいい?

鍼灸の施術を受ける時、「どれくらいのペースで通えばいいか」ということが気になる方も多いのではないかと思います。

 

これについては、「症状にもよりますし、また患者さんのライフスタイルにもよりますので、なかなか一概に言えません」と言うのが一番正直で誠実な答えかもしれません。

 

私としては、基本的には患者さんにとって無理のないペースで受けていただくのが一番と考えていますので、経過を見つつご判断いただければと思います。

 

ただ、目安というものがあると特に初めての方には分かりやすいかと思いますので、これまでの経験を踏まえて参考としてお示ししてみます。

 

「スタンダードコース」の場合

3〜7日に1回のペースで、1〜3回。(目安です)

必ずしも症状がゼロになるまで受ける必要はなく、症状の度合いが10→3くらいまで軽減されれば、その後は日常生活の中で、セルフケアで済む場合も多いです。

その後、予防目的やメンテナンス目的で受けられる場合の頻度は、完全にお任せしています。ライフスタイルに合わせて、お好きなペースでご利用ください。

 

「トータルケアコース」の場合

7〜14日に1回のペースで、3〜5回。(目安です)

このコースで扱う症状は多岐にわたりますので、目安として示すことさえも本当は難しいです。

上記くらいの回数で改善するものもありますし、ある程度の時間を要した後に改善されるものもあります。

特に、症状が「年単位で慢性的な場合」、「心理的、身体的ストレスが強く関わっている場合」、「ライフサイクルと関わっている場合(更年期、子の独立、親の介護、転居、転職、退職etc)」などは、ある程度の期間を要する場合があるかもしれません(短期間で変わっていくケースももちろんあります)。

実際には、はじめは上記のように7〜14日おきに1回のペース、その後は14日〜1ヶ月に1回のペースで受けていただくことが多いです。

 

例えて言うと「タイムを競わない市民マラソン大会」のようなものになるでしょうか。

脇目も振らず全力疾走してしまうと途中でバテてしまいます。時間に追われることなく、むしろ「今ここ」の風景に目をやりながらゆっくり進んだ方が、かえって変化を感じやすいかもしれません。

ゴールに向けて、「より良い道のり」を、「無理のないペース」で近づいていけるよう伴走いたします。必ず新しい気づきがあります。一緒に進んでいきましょう。

 

 

湘南さがみはりきゅうマッサージ

http://www.ss-harikyu.jp

(伊勢原・厚木・海老名・座間・相模原・秦野・平塚・茅ヶ崎)

 

冷えは万病のもと 〜鍼灸で温活〜

この冬は暖冬で、例年に比べて気温の高い日が多いですが、それでも風は冷たく、お日さまの出ない日はやはり寒さを実感します。

こんな時期は、手足の冷えに悩む方も多いのではないでしょうか?

 

人間は、中枢のはたらきによって、脳や内臓など身体の重要な部分の体温(深部体温)を一定に保つよう調節しています。

そのため、寒い時は手足など末端の血流を抑えることによって、熱が体外に逃げるのを防いでいるわけです。

その結果、手足が冷えるのですが、これはある意味脳や内臓を冷やさないよう守っている証拠でもあります。大げさに言うと、生命を守るためにこのような機能を備えているのですね。身体のはたらきってすごいですね。

 

とはいえ、このような状態が決して良いわけではありません。

酸素や栄養素は血液を介して運ばれますから、血流が悪いと栄養状態も悪くなりますし、コリや痛みの原因にもなります。

また、冷えた状態は免疫力の低下にもつながります。

 

血流を良くして冷えを改善するためには、運動や食生活など日々の生活習慣の見直しが大事ですが、それ以外の方法としては、鍼灸もおすすめです。

 

鍼や灸の刺激は、局所的に血管を拡張する作用があり、また中枢的にも副交感神経を優位にして血管を拡張することが分かっています。

血管を拡張することで血流が改善され、熱が末端に運ばれて冷えが改善するというわけです。

 

湘南さがみはりきゅうマッサージでも、鍼と灸、特に温灸と棒灸を使って冷えの改善に取り組んでいます。

最近仲間に加わった温灸器。

ホカホカと心地よい温かさが伝わります。持ち手がついていますし、煙の出ない炭のお灸なので、自宅で自分で使うこともできます。

 

手足の末端を直接温めるより、内臓など身体の中心部を温めるように、背中やお腹に温灸、棒灸をしていきます。

例えば首や肩周りが冷える方は第7頚椎付近を、足の冷えに悩む方は、仙骨周辺を温めます。

全身を弛緩させてただベッドに横たわっているだけで、温かい血液が身体を巡り、硬くなった筋肉や関節が「ふわっ」とほどけていきます。

 

鍼灸で温活しながら、冷えにくい身体づくりを目指していきましょう!

 

湘南さがみはりきゅうマッサージ

http://www.ss-harikyu.jp

(伊勢原・厚木・海老名・座間・相模原・秦野・平塚・茅ヶ崎)

 

 

 

 

 

「何もしない」ことのススメ

湘南さがみはりきゅうマッサージは、治療を受けに来られる方に、

「頑張らなくていい」「何もしなくていい」「ただここにいるだけでいい」

時間を提供できるように心がけています。

 

私たちは小さい頃から、勉強でも習い事でも、目標に向かって頑張って何かをするための方法をいろいろと教えられてきました。

もちろんそれはそれで大事なことですし必要なことです。

 

しかしその一方で、何もせずただリラックスすることの重要性、またそのための方法というのは、教わった記憶がありません。

本当に、週にひとコマでも学校の授業でやればいいのにと思うほどです。

 

こうして休み方を知らないままに頑張りを強いられれば、当然心身は緊張し、疲弊してくるでしょう。

それを発散できているうちはまだいいですが、それ以上に蓄積が上回り、抑えきれなくなったとき、自律神経系やホルモン系などを介して様々な症状として姿を現わすのです。

 

それは、例えば

肩こり、腰痛 などの筋肉系かもしれないし、

便秘、胃もたれ、月経前症候群(PMS)といった内臓系かもしれないし、

あるいは不眠やうつ、不安障害、パニック障害、摂食障害などといったメンタル系かもしれません。

 

頑張りすぎた結果としてこれらの症状が現れたのなら、それを治めるためには「頑張らなくてもいい」「何もしなくていい」というメッセージを心身の奥底まで送り込む必要があります。

 

それはけっしてダラけることではなく、また表面的な気休めの言葉がけなどでもなく、本当の意味でのリラックス法を身につけるということです。

 

これは一朝一夕にできるものではありませんが、「まずはとにかくやってみよう」という気持ちがあれば大丈夫です。

一歩を踏み出したときから、すでに変化は始まっています。

鍼やお灸の感覚に包まれながら、「何もしない」世界を少しずつ体感していきましょう。

 

湘南さがみはりきゅうマッサージ

(伊勢原・厚木・海老名・座間・相模原・秦野・平塚・茅ヶ崎)

http://www.ss-harikyu.jp

 

 

灸について

 

湘南さがみはりきゅうマッサージでは、色々な種類のお灸を使用しています。

 

いちばん多用しているのは、「おわん灸」と呼ばれるもので、陶器製のおわんの上に火をつけたもぐさを乗せて使用します。

おわんを背中やお腹に置くと、輻射熱によりホカホカ、じわーっと体が温まります。

 

次いで使用しているのが、「棒灸」です。棒状のお灸を網付きのフードに差し込み、手ぬぐい越しに体表にあてて温めます。

背中やお腹はもちろんのこと、おわんを置きにくい首肩周りや手足、顔面部や頭部にも使用します。

棒灸は、体表にあてる時間によって、熱さ加減を調節できるのが利点です。

 

このほか「台座灸」と呼ばれる、せんねん灸のようなタイプのお灸や、もぐさを米粒くらいの大きさに丸めて燃やす「透熱灸」と呼ばれるお灸も、必要に応じて使います。

台座灸は「ソフト」「マイルド」など、熱量が低めのものを使用しています。

透熱灸はいちばん刺激がシャープで、一瞬チクッとしますが、体表にシールを貼りその上から燃やしますので、やけどの可能性はとても低いです。

 

ご自宅に訪問して施術することも多いため、透熱灸以外は煙や匂いの少ない炭化もぐさを使います。

 

これらのお灸を、鍼と同様、症状や部位、感受性に応じて使い分け、全体の刺激量のバランスを考慮して施術しています。

 

「お灸は熱い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、熱ければ熱いほど効くということはなく、我慢する必要はありませんので、どうぞご安心ください。

鍼について

 

湘南さがみはりきゅうマッサージでは、すべてディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用しています。

 

よく使っている鍼の太さは、直径0.12〜0.18ミリのもの。だいたい髪の毛1〜2本と同程度の太さになります。注射針とは比べものにならないほど細いものです。

 

症状や部位、体質などによって使用する鍼の太さを使い分け、全体の刺激量を考慮しながらツボにうっていきます。

鍼の感覚は、ほとんど痛みを感じず、少しチクッとする程度です。

とはいえ痛みに対する感受性は個人差がありますから、痛みの程度をこちらで決めつけるのはよくありませんね。

 

心地よく治療を受けていただけるよう、事前に説明をしたうえで、確認しながら鍼をしますので、どうぞ安心していらしてくださいね。

 

湘南さがみはりきゅうマッサージ

http://www.ss-harikyu.jp

 

Older posts